お肌のゴールデンタイムは22時~2時の間!

睡眠時間を十分に確保する事も大切ですが、残業が続いたり、家事や育児に追われて中々そこまで時間が取れないという人も多いと思います。そんな人も出来れば22時~2時までの4時間は睡眠を取るようにしましょう。この時間帯はお肌のゴールデンタイムと言われており、肌の再生を促すホルモンが分泌されやすい時間帯です。この間にしっかり眠る事でニキビなどの肌トラブルの解消やお肌のハリや弾力の維持など様々な美容効果が期待出来ます!

睡眠前に携帯やパソコンなどを操作しない!

先ほどは肌のゴールデンタイムの話をしましたが、やはり中には22時からベッドに入るのも難しいという人もいるかもしれませんね。その場合は出来るだけ睡眠の質を上げる事で補うようにしましょう。眠りが浅いと疲れも取れませんし、美容にも良くありません。特に最近では寝る直前まで携帯やパソコンを操作している人も多いかもしれませんが、それらの光が交感神経を刺激してしまうため、眠りが浅くなってしまう傾向があります。就寝1時間前位から部屋の明かりを落として、リラックスモードに入っておくのが理想的です。

眠るときは部屋を真っ暗に!

眠るときには出来れば部屋を真っ暗にして寝ましょう。たとえ豆球の明かりだったとしても、夜間の光はメラトニンの生成を抑制してしまう可能性があります。このメラトニンという分泌物質は私たちの身体のリズムを整えてくれるのですが、これが不足する事で体調を崩したりする可能性もあるのです。またメラトニンが少なくなると太りやすくなるとも言われており、夜眠るときは美容のためにも健康のためにも、部屋の電気は消しておいた方が無難だと言えます。ちょっとした睡眠の仕方一つでお肌の調子も断然良くなります!

品川美容外科の告訴まとめサイト